にんにくのPOWERのお話 にんにくの効能って魅力だけれど、あの臭いってやっぱり気になりますよね・・・
食後
にコーヒーや、牛乳を飲んだり、ミントのガムを噛んだり、口の中を洗浄液を使っても効果があるようです。 あとは以外と緑茶や、ウーロン茶などでのうがいも効果があるようです。

リンクについて 当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼りください。バナーが必要な方は以下のバナーをお使いください。

管理人へのリンクの許可や事前の連絡等は必要ないです。ただし、以下のようなサイトへのリンクは、お断りしています。

アダルトサイトなどのページや出会い系サイトなど
特定の個人や団体などを誹謗中傷するようなもの
人権侵害にあたるものや犯罪的行為を助長する内容を含むサイト
各法令やその他公序良俗に反しているサイト

ssfr.org リンクフリーです

黒にんにくとは?

最近ではテレビや雑誌などでも取り上げられている、今人気の黒にんにくってみなさん知っていますか?黒にんにくとは共同の研究により生まれた、中は真っ黒で、食べても臭いが少ない画期的な無臭にんにくです。普段の健康生活に役立つ健康食品の自作品とされています。

古来より強い薬効で知られている生のにんにくを、1週間ほど蒸し焼きにし、じっくり熟成させた健康食品です。外の色はきつね色をしていますが、中身は酵素の働きによって真っ黒です。
味は、プルーンなどのドライフルーツに似た甘酸っぱさがあるようです。

食べたあとの臭いもなく気にせずに食べることが出来ます。皮をむいてそのまま食べられますが、一日1片が適量とされています。女性が特に気になる冷え性やダイエットなどにも効果を持つと言われています。

黒にんにくはなんで黒いの?

黒にんにくははじめから黒いというわけじゃぁないのです。生のにんにくを栄養パワーアップのために研究に研究を重ね、化学薬品を一切使わずに、玄米発酵液の効能を加えて、さらに遠赤外線を使ってじっくり加熱熟成することによって力のつよい黒にんにくが誕生したのです。

発酵によって決して色が黒くなるというわけじゃぁないのです。これは長い間続けてきた研究によって明確となったようです。

黒にんにくの成分

元々にんにくはS-アリルシステインやポリフェノールなどが含まれ、黒にんにくは発酵によってその成分の比率が高まります。S-アリルシステインやポリフェノールの作用としては悪玉コレステロールを少なくさせ、血液をサラサラにするといわれています。

気になる臭いは?

黒にんにくの特殊な製法は、にんにくのあの特有な臭いを低滅させています。生のにんにくのように食べた後に、翌日まで臭いが残ると言ったことはないです。食べても30分〜90分ほどで臭いはほとんどなくなるようです。

最終更新日:2017/2/16