にんにくのPOWERのお話 にんにくの効能って魅力だけれど、あの臭いってやっぱり気になりますよね・・・
食後
にコーヒーや、牛乳を飲んだり、ミントのガムを噛んだり、口の中を洗浄液を使っても効果があるようです。 あとは以外と緑茶や、ウーロン茶などでのうがいも効果があるようです。

リンクについて 当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼りください。バナーが必要な方は以下のバナーをお使いください。

管理人へのリンクの許可や事前の連絡等は必要ないです。ただし、以下のようなサイトへのリンクは、お断りしています。

アダルトサイトなどのページや出会い系サイトなど
特定の個人や団体などを誹謗中傷するようなもの
人権侵害にあたるものや犯罪的行為を助長する内容を含むサイト
各法令やその他公序良俗に反しているサイト

ssfr.org リンクフリーです

にんにく卵黄とは?

最近では医学や科学の進歩により、病気や老化などの原因が解明されていくにつれ、病気になって飲むより日頃の食生活から健康で体にいいとされている食品を摂り、病気を予防したいと考えている人が増えてきている一方で、健康保持の増進に色々な効果を期待して摂っているものが健康食品です。

いくつもの健康食品がある中、最近人気の出てきている「にんにく卵黄」。にんにく卵黄ってみなさん聞いたことありますか?最近では個人輸入の代行を行っているお店もあるほどです。では、この健康食品とはどういったもので、どのような効果があるのでしょう。

にんにく卵黄

にんにく卵黄はもともとは南九州地方伝承の健康食品で、その名の通りにんにくと卵黄を合体させたもので、錠剤やカプセル剤など健康食品として販売されているものが多いようです。にんにくと卵黄を練り合わせ煮詰められたり、卵黄油ににんにくのエキスを加えたりなどの製法によって作られています。

にんにく卵黄の長所として卵黄の栄養素と、今まで見てきたにんにくのメリットを一度に摂ることが出来る手軽さにあります。現在では、にんにく卵黄は利用の宝庫とも言われるほどにんにくの薬効成分を効率的に活用できることから、健康食品として大変注目を集めているようです。

にんにく卵黄には体調改善などの効用があるとされていますが、医薬品ではないため通常の食品といっしょに毎日の食事と摂っても適量の量である範囲であれば副作用などもありません。

にんにく卵黄はもともと各家庭でつくるものとされていて、販売されるものではなかったようです。女性の社会進出の中、手間がかかるにんにく卵黄を作る人が家庭でいなくなったことによって、工場でつくられたにんにく卵黄の需要が大きくなったようです。
にんにく卵黄をこれまで作って、摂ってきた人達はにんにく卵黄の良さを知っているためすぐに愛用する人が増え、九州地方だけではなく、全国ににんにく卵黄の愛用者が広まってきています。

にんにく卵黄には、あのにんにくの強烈な臭いがあるのでは・・・と心配する人も多いようですが、卵黄と一緒に加熱するなかで、卵黄が嫌な臭いのアリシン成分を包み込んでくれるのです。そのほかにも、にんにく卵黄のなかにはソフトカプセルに充填しているものもあるので、それによってにんにくの成分が胃を荒らすこともなく、有効的に腸へと届いて吸収されます。

にんにく卵黄の研究は、内外において行なわれていますが、生活習慣病が気になる年代から毎日摂取することによって、不足しがちな栄養補給をすることが出来て大変便利な食品として注目されています。

にんにく卵黄の民間療法

生活の近代化に伴い、伝統ある民間療法の多くは姿を消しつつある中、にんにく卵黄も同様に古い手間暇のかかる民間療法として忘れられつつありました。

そんな中、「にんにく卵黄を世の中に広めたい!」そう思ったときにはじめに考えられたことが、いかにして現代の生活のスタイルにとけ込ませることが出来るかという事でした。カプセルに詰めることによって、飲みやすく、携帯に便利にさせえるといった製品にする最初の取り組みは、負担無く健康管理に役に立つようにする簡便化にすることです。

飲みやすさを第一に考えられたソフトカプセルにはそのごのにんにく欄の製品を形作り、あっという間に多くの人たちの支持を得て、飲みやすく携帯に便利にしたソフトカプセルですが、でもその便利さの裏には意外なデメリットがあったのです。

ソフトカプセルは、作り上粉末のにんにくら脳を一旦流動化しなくてはいけず、カプセルの中には30%程しかにんにく卵黄を詰めることが出来なかったようです。そこで、さらに研究に研究を重ね技術革新をし、限界とされていた30%を大きく超えた、他に例のない50%の充填を実現したのです。

将来のにんにく卵黄

それから、5年後多岐にわたる色々な研究を重ね、構造上50%の充填率が限界だとされていたソフトカプセルをさらに進化させるために、ハードカプセルが開発されました。

昔のままの姿を大切にしてきたにんにく卵黄の粉末製品も、利便性を向上させた顆粒化に成功し伝統の郷土の技を大切に守りつつ、最初の研究と技術開発を融和にし、にんにく卵黄の世界はいまも進化を続けています。

おすすめWEBサイト 5選